不動産売却メニュー|
今すぐ現金が必要な方
「不動産買取」

  • HOME
  • 不動産売却メニュー|今すぐ現金が必要な方
    「不動産買取」

とにかく早く売却したい方に
おすすめする
「不動産買取」

不動産を現金化する「早さ」に
特化した売却方法

最短48時間で現金化可能です! とにかく早く売却したい方におすすめする「不動産買取」

不動産売却を目的にしていても、「高く売りたい」「早く売りたい」など、売主様にとっての優先事項は異なります。たとえば仲介売却は希望する価格で売れる可能性が高い半面、希望条件に合う買主様を探すために非常に時間がかかります。できるだけ早く現金化したい方には、「不動産買取」がおすすめです。

こちらでは、東海市・大府市・半田市・東浦町・阿久比町・知多市・常滑市・武豊町といった幅広いエリアに対応して不動産売却を行う「HOUSEDO」が、もっとも早く不動産を現金化できる「不動産買取」についてご説明します。

ご所有の 土地建物マンション 現状のまま買い取ります!!

たんす等、家財道具を含めお荷物はそのままでもOK

面倒な不用品などの処分や遺品整理も合わせてご依頼いただけます。

ご所有の土地建物マンション現状のまま買い取ります!!
ご所有の土地建物マンション現状のまま買い取ります!!
ご所有の土地建物マンション現状のまま買い取ります!!

不動産買取とは?

最優先事項が「不動産の現金化」なら
不動産買取がおすすめ

不動産買取とは?

不動産買取とは、「事情があってすぐに不動産を現金化したい」といった不動産売却に時間をかけられない方に最適な売却方法です。一般的な売却方法である仲介売却とは異なり、不動産会社が買主になって不動産を直接買い取ります。そのため、時間をかけて条件に合う買主様を探す必要がなく、時間を大幅に短縮して不動産を現金化できます。

時間をかけて希望価格で購入してくれる買主様を探すことはできないため売却額は下がる傾向にありますが、すぐに不動産を現金化したいという方にはおすすめです。

不動産買取の方法

不動産買取には「即時買取」と「買取保証」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。まずは希望に近い方法を決めておきましょう。

即時買取

即時買取

不動産会社と売主様との買取額の交渉が終わったら、すぐに不動産会社が買い取ってくれる方法です。不動産の買取は不動産会社が直接行うため、市場での販売活動は一切行われません。

不動産を現金化するまでのスピードがもっとも早く、すぐにお金が必要な場合には最適な方法です。ただし、市場価格と比較すると1~3割ほど価格が安くなる傾向にあります。

買取保証

買取保証

指定した時期まで仲介売却として販売活動を行い、期間内に買主様が見つからなかった場合は事前に約束してあった金額で不動産会社が買い取ってくれる方法です。

仲介売却は希望価格で購入してくれる買主様が見つかるまで非常に時間がかかりますが、買取保証なら高額で売却できる可能性を残しながら希望の期間内での売却も保証されます。

不動産買取を選ぶ目的

こんな目的がある場合は不動産買取を
おすすめします

とにかく早く現金化したい

とにかく早く現金化したい

不動産買取は、さまざまな不動産売却方法のなかでもっとも早く不動産を現金化できることが最大のメリットです。売主様が不動産会社が査定した価格に納得できれば、すぐに売却することができますので、とにかく早く現金化したいという目的がある場合は最適です。

たとえば、マイホームを住み替える場合や借金の返済、仲介売却では売れない物件の売却などにおすすめです。

なかなか売れない物件を売却したい

なかなか売れない物件を売却したい

不動産買取は、リフォームなどを行う必要がないことも大きなメリットです。築年数が古かったり立地が悪かったりするために市場ではなかなか売れない不動産は、リフォームをしたとしても売れる保証はありません。

条件の良い不動産なら仲介売却で高額での売却もできますが、条件が明らかに悪い不動産の場合は、不動産会社に任せてしまったほうが安心です。

面倒を避けて売却したい

面倒を避けて売却したい

不動産売却は大きな金額が動く取引です。買主様も、提示した条件や金額で納得いただければいいのですが、条件や価格の交渉が必要な場合も多々あります。こうした交渉が苦手な方にも不動産買取をおすすめします。

基本的に不動産買取のほうが価格は安くなってしまいますが、交渉の手間と天秤にかけて不動産買取の買取額に納得できる場合は不動産買取を選んでも問題ありません。

不動産買取のメリット・デメリット

不動産買取を選ぶことで得られる
メリットとデメリットについて

不動産買取のメリット

メリット01
仲介手数料がかからない
介売却で不動産を売却した場合は仲介手数料を支払う必要がありますが、不動産買取の場合は不動産会社が仲介するわけではないため売却できても手数料はかかりません。
メリット02
短期間で現金化できる
不動産買取は不動産会社が不動産を直接買い取る方法です。時間がかかる売却活動を行う必要がなく、すぐに不動産を現金化できます。
メリット03
瑕疵担保責任が免除される
不動産売却後に物件で問題が発生すると、瑕疵担保責任によって売主様が責任を追及されることがあります。しかし、不動産買取なら瑕疵担保責任は免除されます。
メリット04
内覧の必要がない
仲介売却では購入希望者に対して内覧などを積極的に行う必要がありますが、不動産買取の場合は内覧を行う必要がなく売主様にはほとんど手間がかかりません。
メリット05
売れない物件でも対象になる
条件が悪いなどの理由から仲介売却では対応できない不動産でも、不動産買取の対象になる可能性があります。

不動産買取のデメリット

デメリット01
売却価格が下がる
不動産買取の最大のデメリットは、仲介売却と比較して売却価格が安くなることです。売却する不動産によって異なりますが、一般的に1~3割ほど安くなります。
デメリット02
買取できない場合がある
不動産買取は、すべての不動産会社が対応できる方法ではありません。いくら不動産買取で売却したくても、対応できない不動産会社には依頼できないため、まず不動産買取に対応できるかどうかを調べておく必要があります。

不動産買取に関するよくあるご質問

Q1 不動産買取を依頼した場合、どんな費用がかかりますか?
A1

不動産の買取には移転登記の手続きが必要になるため、司法書士に支払う費用(5~6万円)のほか、売買契約書に貼付する印紙代(1万円)を用意しておきましょう。さらに、売却後に税金がかかることもあります。

Q2 放置している空き家も買い取ってもらえますか?
A2 はい、買取可能です。まだ建物のなかに家財や遺品などがある場合でも、そのままの状態で買い取ることができます。空き家を長年放置してしまうとリスクが大きくなるため、ぜひ早めにご相談ください。
Q3 物件の内部に不用品などがあったら先に処理しなければなりませんか?
A3 いいえ、物件に残された残置物の処理もすべてお任せいただけますので、そのままの状態でお引渡しください。
Q4 買取価格はどんな条件で決まりますか?
A4 価格設定の基になるのは、物件の査定価格です。さらに査定価格から広告費やリフォーム料などといった、再販に必要となる費用などを差し引いて決定します。
Q5 不動産買取で不動産を売却すると、何日で現金化できますか?
A5 抵当権の設定など不動産の条件次第で変化しますが、特に何もなければ1週間ほどで現金化の手続きが完了します。
Q6 価格交渉などが必要な場合はありますか?
A6 仲介売却のように買主様とやり取りする場合は条件や価格の交渉が必要になることがありますが、不動産買取の場合は不動産会社が提示した金額に納得できるかどうかになりますので、特に交渉などは必要ありません。