最新情報|
各店舗からのお知らせ

💡相続における不動産トラブル事例をご紹介

ハウスドゥ 大府ハウスドゥ 東海ハウスドゥ 半田ハウスドゥ 東浦・阿久比ハウスドゥ 知多ハウスドゥ 常滑

💡相続における不動産トラブル事例をご紹介

💡相続における不動産トラブル事例をご紹介

こんにちは

知多半島の不動産の売却が初めての方へ

相続における不動産トラブルは、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。

事前に対策、準備が出来る内容なので、予め調べておくと費用や掛かる時間が大幅に削減できますので、まずは状況の確認をしてみましょう。

 

1.相続人間の意見の相違: 複数の相続人が不動産の所有権を共有する場合、意見の相違や利害関係の対立が生じることがあります。

例えば、不動産の処分方法(売却、分割、共同管理など)や相続人間の割合などに関する意見の相違が生じ、費用も時間もたくさんかけて一番高く売れるタイミングを逃してしまうケースもあります。また、割合の話し合いを収めるのに1年、2年かけてしまう事例もありますので、できるだけ相続が発生する前に相続人間の意向を固めておくのがよいです。

 

 

2.不動産評価の問題: 相続においては、不動産の評価が重要な要素となります。

相続人間で不動産の評価額について意見の相違がある場合や、不動産の正確な評価方法が確立されていない場合にトラブルが生じることがあります。まず、相続税評価額と売買価格は全く性質の違うもののため、相続人がそれぞれで用意した金額は何をもとに算出された金額か必ず確認をしましょう。さらに、売買価格については、不動産屋によって算出された査定額は不動産屋によって大きく変わる場合もあります。安い金額で出して欲しい、高い金額で出して欲しい、という要望を簡単に反映させられるため相続人各々で持ち寄った金額の根拠は必ず確認しておきましょう。

 

3.相続税の負担: 現在経っている建物が、建築基準法に違反している場合があります。

例えば、耐震性や消防法の規定を満たしていない、適切な許可や申請手続きが行われていないなどの問題が生じる可能性があります。その場合、それらが原因で銀行の融資が受けられないケースが発生しますので、売却がしづらくなる恐れがあります。まずはそれらの問題確認を行っていきましょう。分からない場合は不動産屋へ相談することをお勧め致します。

 

4.不動産の維持管理や費用負担: 相続した不動産の維持管理や費用負担に関して意見の相違が生じることがあります。

修繕や改装にかかる費用の負担や、共有地の管理費用の分担方法についての問題がトラブルの原因となることがあります。それは相続が発生する前と後両方に起こりうる問題です。被相続人が存命の場合、意思能力があるうちに資産整理を進めることをお勧め致します。

 

5.共有名義の問題: 登記手続きの際の注意点です。

相続人の間で共有名義が正確に記載されていなかったり、不動産の所有権が適切に登記されていなかったりする場合、不動産の売却や処分において問題が生じる可能性があります。まずは相続人の間で相談する司法書士、弁護士は同一の人へ行いましょう。それぞれに相談するとトラブルのもとになります。

 

 

これらは相続における不動産トラブルの一般的な例ですが、実際の事例にはさまざまな要素が絡むことがあります。

相続に関する不動産トラブルを避けるためには、相続手続きを適切に進めるための専門家の助言を求めることが重要です。

 

 

大府市・東海市・半田市・東浦町・阿久比町・知多市・常滑市・武豊町での不動産売却、不動産査定の方はハウスドゥまでお問合せください。
家・土地・マンション売るならハウスドゥ×エネチタまで。

 


執筆㈱エネチタ 不動産事業部 本部長 水田法和