最新情報|
各店舗からのお知らせ

💡住み替えにおける不動産売却の注意点をご紹介

ハウスドゥ 大府ハウスドゥ 東海ハウスドゥ 半田ハウスドゥ 東浦・阿久比ハウスドゥ 知多ハウスドゥ 常滑

💡住み替えにおける不動産売却の注意点をご紹介

💡住み替えにおける不動産売却の注意点をご紹介

こんにちは

知多半島の不動産の売却が初めての方へ

住替えにおける不動産売却にはいくつかの注意点があります。

以下に一般的な注意点をいくつかご紹介しますが、具体的な状況や地域の法律によって異なる場合がありますので、専門家や不動産業者と相談することをおすすめします。

 

1.市場価格の把握: 不動産を売却する前に、現在の市場価格を把握することが重要です。

類似の物件や地域の相場を調査し、適切な価格設定を行いましょう。不動産業者や不動産鑑定士のアドバイスを受けることも役立ちます。また、不動産の市場価格は金融情勢に大きく影響を受けます。半年前の査定金額で今も売れるかどうかは改めて不動産業者へ確認が必要になります。

 

 

2.不動産の整備: 不動産を売却する前に、見た目や状態の整備を行うことが望ましいです。

修繕や清掃、インテリアのアップデートなどを検討し、買い手に良い印象を与えるようにしましょう。お金をかける必要はありませんが、物を整理したり、掃除をしたりして内覧に来た方に良い印象をもってもらえるように工夫することで早期かつ高値売却につながります。

 

3.売却手続きの準備: 不動産を売却する際には、必要な手続きや書類の準備が必要です。

不動産業者や弁護士と連携し、契約書、所有権証明書、固定資産税の証明書などの書類を整えましょう。書類だけでなく、測量や、解体、必要な場合は移転登記等必要な準備は場合に寄り様々あります。その準備が遅れると住み替え先の用意とスケジュールが合わなくなってくる可能性がありますので、予め必要な準備とスケジュールを組んで計画的に進めていきましょう。

4.税金や費用の計画: 不動産売却には税金や手数料などの費用がかかる場合があります。

売却に伴う税金(譲渡所得税など)や手数料、不動産業者の手数料などを事前に計画し、予算を考慮に入れましょう。不動産の売却は、販売価格がそのまま手元に残るわけではなく、購入した時と同様に売却時にも様々な諸経費が掛かり、それらが差し引かれた金額が手元に残る金額になります。その中には、取引完了時に差し引かれる諸経費とは別に、後に支払いが必要になる税金も含まれます。住み替えを検討する場合は、手残りの金額を基に計画を立てていきましょう。

 

5.売却のタイミング: 市場状況や需要の変動によって、不動産の売却のタイミングが影響を受けることがあります。

現在の市場状況を注意深く観察し、適切なタイミングを見極めることが重要です。特に住み替え先を購入で考えている方は、購入資金のために売却を先行して完了させる必要があります。高く売る事は住み替えに置いて大切ですが、期間やリミットを決めて販売を行っていかないと、売却が長期化するだけでなく最悪の場合想定売却価格より低い金額での売却になってしまう恐れもあります。戦略的に価格を設定して希望の期間で売却を完了できるよう仲介業者と相談していきましょう。

 

 

これらは住替えにおける一般的な注意点の例ですが、実際の事例にはさまざまな要素が絡むことがあります。

住替えに関するトラブルを避けるためには、まずは前もって専門家の助言を求めることや無理のない計画を立てることが重要です。

 

 

大府市・東海市・半田市・東浦町・阿久比町・知多市・常滑市・武豊町での不動産売却、不動産査定の方はハウスドゥまでお問合せください。
家・土地・マンション売るならハウスドゥ×エネチタまで。

 


執筆㈱エネチタ 不動産事業部 ハウスドゥ半田 三浦直之